2019年あけましておめでとうございます!

2019年あけましておめでとうございます!

 

昨年はありがたいことにたくさんの展示やパフォーマンスの機会をいただき、充実した1年となりました。

また、麻雀やバイトでたくさん四角いものも並べたり、庭もじわじわ色々なものが生えてきたりして、

制作以外もとても満喫させてもらいました。

あちらこちらでお世話になった皆様、ありがとうございました!

 

しかし、充実しつつも、まだまだ追いつかないものをたくさん感じた年でもありました。

今年こそは!という思いが制作でも趣味でも沸々しております。

その辺り、よいかたちでアウトプットできるように楽しんでいきたい所存です。

 

2019年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

2018年のアート活動は、

5日(土)〜 GALLERY APAさんグループ展「APA BEST10」出品、

6日(日)、毎年恒例となってきました、山下真理さん福冨博さんNEW YEAR LIVEでのライブペイント

からスタートです!

 

 

2019年1月5日(土)〜27日(日) ※月曜休み・祝日の場合は順延
11:00〜19:00 (初日は18:00、最終日は17:00まで)
【アートで遊ぼう!第2弾「福笑い」】1月5日(土)15時より、オープニング始まるまでの1時間。
【オープニング】
1月5日(土)16時より、ささやかなオープニングパーティーを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

GALLERY APA 〒467-0003名古屋市瑞穂区汐路町1-14 2階

 

 

2019年1月6日(日) OPEN 15:00 / START 15:30  チャージ:¥2500-

valentinedrive 〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1-9-3 西今池ビルB1F

at 01:26, ニシムラマホ, みみずの日常

comments(0), trackbacks(0), - -

GALLERY APA FineRoom ニシムラマホ個展 「花の名前」

2018年12月1日(土)〜12月23日(日)GALLERY APA FineRoom ニシムラマホ個展 「花の名前」

 

 

2018年活動の〆はお世話になっているGALLERY APAさんFineRoomでの個展!

オープニングでもお話ししましたが、今年は後半、作品制作が完成点数的に伸び悩み、至らない思いもあったのですが、それをはねのけるくらい、変わらぬ応援や新しいご縁いただけて、本当に感謝の限りでした(;人;)

 

「花の名前」〜花は自分の名前を知らずに咲いている〜をテーマに、

何ものでもない絵具の滲みから、何ものかなのかを探すように描く抽象的な花のアクリル画。

取材した花や植物をモデルにした線画作品。(こちらは植物の名前。品種名をタイトルにしました)

を、中心に構成。

 

前半は新作を中心としたシンプルな展示。

 

幸い新作を中心にご売約が決まり、後半は旧作を追加しつつの展示となりました。

 

 

 

”花は自分の名前を知らない。何者なのかわからずに、ただ咲いたり、散ったりしている。それでいい。”

 

絵も、そういうものであれたらいいな、というのが今回の展示落としどころでした。

そして、その花に美しさをみいだして、名前を付けたり、飾ったり、種を蒔いて育てたり、誰かに贈ったり、そういう人の営みも素敵だなと思うのでした。

 

ありがとうございました!!

 

GALLERY APAさんでは、年明けすぐAPA BEST10 vol.5出品です。

来年末にはMain Room個展が決まっています。

どんな花が咲くか楽しみに。来年もよろしくお願いいたします。

 

 

2019年1月5日(土)〜27日(日) ※月曜休み・祝日の場合は順延

11:00〜19:00 (初日は18:00、最終日は17:00まで)

【アートで遊ぼう!第2弾「福笑い」】1月5日(土)15時より、オープニング始まるまでの1時間。

【オープニング】1月5日(土)16時より

GALLERY APA 〒467-0003名古屋市瑞穂区汐路町1-14 2階

at 22:44, ニシムラマホ, 作品展レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

笠寺観音商店街 つなぐ・つながる-アートで楽しむ本笠寺

201823日(土)〜212日(祝)笠寺観音商店街「つなぐ・つながる アートで楽しむ笠寺 vol.2

※22日(金)前夜祭 笠寺アートナイト



2010年の壁画シャッターペイントからお世話になっている土地笠寺でのアートイベント。「つなぐ・つながる アートで楽しむ笠寺」第2回。

今年は笠寺観音が恵方ということで、賑わう節分の夜。前夜祭もあわせて11日間。

昨年から引き続き、そしてまた新たに作家さんを迎えての開催でした。

写真・絵画・造形・サウンドアート・フリーペーパーの展示。ダンスや紙芝居のパフォーマンスと多彩なジャンル。そして、それぞれが土地や空間、人と関わりながら展開するイベントでした!

 

   

 

 

私はSaKuRaシリーズの展示。最終日に会場のかんでらハウス1階で古本屋のまつこ島ブックス店主戸松さんとのコラボで朗読にあわせてのライブペイントとアフタートークショーで携わりました。

昨年の様子とともに「シティリビング」名古屋にも告知記事掲載していただきました。

 

 

SaKuRaの展示作品は気に入ってくださった方とご縁あり、さすが縁結びの笠寺!恵方の節分ご利益すごいぞ!となったり。

作品も縁のものとは作家活動続けてしみじみ思うところです。

 

 

朗読ライブペイントの題材は、地元の伝承や史実を伝える活動を続けておられた、福原伸二さんの短編小説「蝉の穴」。

織田信長に仕え不遇の晩年を過ごした佐久間信盛を主人公にしたお話。

戸松さんがよりわかりやすくアレンジを加えた戸松版でパフォーマンスさせてもらいました!

 

原作↓のサイトでも紹介されています。

http://hosoiri076.webcrow.jp/kasaderakannon/kasadera.html 

 

パフォーマンスとトークショーの様子の写真がなんか見つからないですがω`)

大工のいなさんに作ってもらった特性キャンバスに展示期間中、円形パネルに羽化する蝉を。

その背景に朗読ライブで這い出る桜を描きました。

 

 

   

アフタートークでは、会話をキャッチボールしつつイベントの総括的な話を。

だいぶ前なのでもんやりしてるとこもありますが、戸松さんが打合せのとき、作家・アーティストを「霞を食い慣れている人達」という感じの表現をしていて、それは「まだ可視化されていない価値を糧にできる能力」みたいなニュアンスのことを話していたのが印象的でした。

 

”作品にすることで可視化される気づかれていない価値を提示していくこと”が、作家やアーティストの役割のひとつなんだなと。

 

なるほど!これからも霞を食べて栄養つけてこ!そしてうんうんとアウトプットを!と思いました。

ありがとうございました!

 

こちらのイベント、運営を作家から地域の方に移行し2019年も開催予定です。

次回私はタイミングあわずお休みですが、観客を楽しむ予定です!

詳しくは↓で情報がでるかと!

https://www.facebook.com/tsunagu.tsunagaru/

at 21:03, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

UNIQLOイオンモール大高店present LIVE PAINT &Tシャツペイント教室

今年を振り返るレポート!相当前ですが!

 

2018年2月17日 イオンモール大高 「UNIQLOイオンモール大高店present LIVE PAINT &Tシャツペイント教室」

ペイント:ニシムラマホ・タキナオ ミュージシャン:斉藤慶

 

 

ライブペイントは斉藤慶さんのパワフルな歌声に合わせて♪全3ステージ!

ペイントはタキちゃんと私と。それぞれの音楽の受け取り方とアウトプットをお楽しみいただけたかと思います。

 

 

 

PS:斉藤慶さんとはフジパンストアーで流れている楽曲「スマイルパン」 のホームページ公開にあたり挿絵イラストでもご一緒させてただきました (●´ω`●)

http://www.fujipanstore.com/smile_bread/

 

Tシャツペイント教室も大盛況でした!ありがとうございました!!

 

 

完成した作品は1週間ほどUNIQLOイオンモール大高店さんに展示。

 

 

大きな企業さんとも関わらせていただけた2018年でございました!

ご尽力いただいた皆様、ありがとうございました〜!!

at 20:36, ニシムラマホ, パフォーマンスレポート

comments(0), trackbacks(0), - -

ART IN PARK TOKYO 2018 GALLERY APAブース 出品

2018年3月9日〜11日  パークホテル東京 GALLERY APA room 出品でした!

ありがとうございました!

 

 

 

 

31Fアーティストフロアの回廊展示。吹き抜けにプロジェクション投影も!

 

 

GALLERY APA room

 

いのちのかたち Shape of Life

針金(ステンレスワイヤー)で動物・昆虫・植物など生物をかたちづくる橋寛憲。

流動的な命のかたちを感じさせる有機的な世界を描くニシムラマホ。

”いのちのかたち”をテーマに、その魅力を楽しむ生命力溢れる展示となりました!

 

 

 

 

 

 

窓辺は無機質なビルを背景に有機的な線が浮かぶ作品。昼と夜で表情が変わります。

 

 

 

at 23:40, ニシムラマホ, 作品展レポート

comments(0), trackbacks(0), - -