<< 「自然と人間」 リターン トゥ ザ ルーツ展 レポート | main | ART OSAKA 2019 レポート >>

Inside Out 〜サミュエル・ベケット しあわせな日々 より~レポ

アップするのに一年近くかかりました。昨年の展示のレポートです。

 

2013年のYKOダンスカンパニー「Wonderful Days」出演の際、題材となったサミュエル・ベケットしあわせな日々」。

そこからサミュエル・ベケットにドハマりし、「しあわせな日々」の自分なりの解釈を作品にしてみたいと思っていました。

そこから5年。実現するタイミングを得たのが昨年でした。

 

Live & Installation Exhibition @ Gallery White Cube Nagoya Japan
「Inside Out 〜サミュエル・ベケット しあわせな日々 より〜」

 

 

<Dear Winnie>

 

半身を地面に埋めたウィニー。
地下に流れる意識を汲み上げ、地表に表現される肉体から発露する。
ただ、精一杯、存在し続けようとするように。

これは、わたしと、あなたと、だれかの中に存在する、”ウィニー”への賛美・礼賛である。

 

<会場あいさつ文>

 

このたびは、ご来場いただき誠にありがとうございます。

今回の展示は、サミュエル・ベケットの不条理演劇「しあわせな日々」にインスパイアされ制作したものです。

白の空間では、外側(Outside)に表現される世界。
黒の空間では、内側(Inside)に表現される世界を表しています。
二つの世界を行き来し、お楽しみいただければ幸いです。

そして、作品と鑑賞者の距離を0にし、そっくり裏返す(InsideOut)試みでもあります。
ぜひ、中央のドーム状の作品「Happy Dress」の中に入り、ウィニーのように外側の世界に半身を乗り出してみてください。
鑑賞者ひとりひとりが、ここに存在することに敬意を込めて。


今回の展示の空間音楽は、 “演劇作家として活動するかしやましげみつ、 劇伴活動を行ういちろー、 マルチプレイヤーで生花師でもあるKANAMORIN、 数々のバンドでベースを弾く舟橋孝裕、 の四名による、名古屋を拠点に活動するポエトリー・バンド”白線の内側さんに展示にあわせ制作いただきました。


23日(土)は白線の内側さんと、2014年に出演させていただいたダンス公演が今回のテーマサミュエル・ベケット「しあわせな日々」を知るきっかけとなったYKOダンスカンパニー鈴村由紀さんを迎えてのスペシャルライブを開催します。

 

そして、この展示はGallery White Cube Nagoya Japanさんの空間とサポートなくしては成立しないものでした。

 

この展示の実現にご協力いただいた皆様に心より感謝いたします。


2018年6月21日 ニシムラマホ

 

<白(Outside)の空間>

 

「Happy Dress」

「しあわせな日々」の主人公ウィニーが埋まっている丘の舞台装置。

ウィニーが埋まっている地中はどうなっているのだろう。とイメージしたのがドームの内側です。

 

 

 

<黒(Inside)の空間>

 

「Live Drawing」

白の空間の「Happy Dress」ドームの内側の続きの世界が黒の空間です。

壁のドローイングは6月23日のライブパフォーマンスで初動。その後、会期中加筆を続け完成させました。

 

会場音楽は白線の内側さんによる音のインスタレーション。

メンバー4人がそれぞれ録音した音が別々に再生され、ひとりごとをつぶやくように流れる4つの音源の偶然重なりがシンプルだけど二度と再現できない複雑な現象を生み出す。

メロディアス、ノイジー、ミニマル、言語、非言語。色々な音が共存。

相対的な関係でどこかが強くなったり、弱くなったり。 時々何かがかみあったように必然的に感じる不思議。

記憶について話すウィニーのセリフ 「いつか、ふっと、どこからともなく浮かんでくる」 そんな感触。

混沌とした無意識から、何かを浮かびあがらせる自我の存在を意識させられる空間になりました。

まさに、自分のやりたかったことを、自分以上に完璧に実現してもらえた会場音楽でした。

 

ちなみに、白の空間は、しあわせな日々劇中にでてくる「メリー・ウィドー」のオルゴールでした♪

 

 

 

<Special Live ニシムラマホ/鈴村由紀/白線の内側>

 

白の空間では、YKOダンスカンパニー主催ダンサーの鈴村由紀さんのソロパフォーマンス。

写真などアーカイブ残ってないのが残念!オフショットで!!

 

 

黒の空間では、白線の内側さんとニシムラの即興で壁画のスタートダッシュを。

 

 

ありがとうございました!!!

at 00:05, ニシムラマホ, 作品展レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.mimizu.pupu.jp/trackback/815692