<< ニシムラマホ個展&ライブペイント 「SaKuRa」@ Gallery White Cubeスタートです* | main | Mdepartmentロゴ制作〜デザイン展開いろいろ☆ >>

個展&ライブペイント「SaKuRa」@Gallery White Cube満開でした*

Gallery White Cubeさんでの個展&ライブペイント「SaKuRa」無事会期終了しました!

ご来場くださったみなさん、遠隔で気にかけて見守ってくださったみなさん、展示にあたり協力いただいたみなさん、そしてGallery White Cubeさん。
ありがとうございました〜〜〜!!!

いやはや、楽しくてあっという間の9日間でした〜!



<作品展示>


 
2010年から制作を始めた「SaKuRa」シリーズ。何やかんやを経て6年。
思い入れというか執着心がモリモリのモチーフで、開花前のこの時期こそに!という作品モリモリ描けるとこまでかかせてもらいました。



しかし、悩むのは作品配置。。。真っ白で自由な空間は、自分次第でどうにでもできる楽しさと、自分次第でどうにかしなくてはいけない厳しさ。
自分の今の力量がそのまま跳ね返ってくるからこそ、やりがいある挑戦の空間です。

スタートはなんとか自力で。
そこからライブペイントや作品の増減にともない、ちえさんのアドバイスも受けながら配置を移動させてみると作品の存在感が変わり、ディスプレーの力を体感!
そして、ご観覧いただいた皆様にも、作品や展示について、嬉しいご感想や新しい発見をうかがうことができ、会期中に作品自身が どんどん 成長していくのをひしひし感じました。
その作品もたくさんの方のもとに旅立っていき、またその先で根を下ろせるのがとても嬉しいです。

作品は半分は自分から生まれるものですが、半分は場や人が育ててくれるものだと思います。



そうそう、なかなか、グッズまで手の回せない作家ですが、今回Gallery White Cubeさんプロデュースでiphoneケースが登場!
3,888円(+送料)で受注販売受付開始です^^
早速のお申込み、iphoneに買い替えようかご検討まで(笑)ありがとうございました!


<ライブペイント>









そして、 Gallery White Cubeさんといえば!の壁面直書きライブペイント。
時間を決めず会期中じわじわと行いました。

CDジャケットのデザインさせてもらった、山下真理カルテット「エフロレンス」より組曲『開花』をBGMにCD1ターン25分程度を1日1〜3回くらい。12回くらいやったかな?6時間分くらいのライブになりました。
グーッと深くなったり清々しく軽やかになったりウキウキ楽しくなったり、いろいろな感覚の織り交ざった音に導かれつつ「SaKuRa」をモリモリ。

今回は、ライブペイントの全体像が見えないようにしたくて、画面の前にポコポコ穴の開いた膜をはりました。

チラリズム☆

果てしなく大きなものを想像することと、ささやかな一部に目を凝らすことを同時に同居させたかったようです。

繋がって増殖していく世界と 立ち位置や視線によって個人個人で切り取ら れ る世界 。

「箱庭」シリーズも同じこと言ってるし、思っている以上に自分の中で普遍的に感じている部分なんだなぁとあらためて。

難しそうなことはさておき、覗いて何が見えた!って楽しんでもらえれば何より^^
逆から展示を眺めるのも好きでした。




パカン!と開いたライブペイント全容はこんな感じでした〜!




<バックグラウンド&ワークショップ>

実は今回なんと!Gallery White Cubeさんが同フロアのお隣も借りられ、第2White Cube空間を拡張されました!
ということで、よかったら使っていいよ!と贅沢なことに!
自然光のない独立した第1空間とガラリと変わり、同じ白い空間でも窓があり外界に通じた広々とした空間。
とても清々しく気持ちいい場所で、個人的に開いた窓からベランダの手すりを眺めるのがお気に入りでした^^



完成された作品を展示する第1空間に対して、ポートフォリオをゆっくりみてもらえるスペースや、資料写真などバックグラウンドや制作現場をちょっと感じてもらえる展示をさせてもらうことにしました。
こちらの空間には以前に「SaKuRa」シリーズの展示やライブペイント用に制作してもらった川名洋行さんのギター曲、真野文宏さんのピアノ曲をBGMにまったり。

真ん中にアトリエからもってきた机や描きかけの絵。
描きかけの絵を蕾の時点でキープ! 咲いたらお届けします〜* な展開も^^
ここからどう育てるか。タイトルもらってコラボ作品になるのも面白かったです。

3日目から アトリエ スペースでワークショップもはじめました。
みんなでわいわい。静かにじっくり。一気に。時間をかけて。それぞれの描き方、こだわりは見ていてなるほど!と発見いっぱいで楽しいです。^^



ということで、2016年の「SaKuRa」はこんな感じでした〜*

モノクロからカラーをあつかいはじめたのが、ちょうど2010年のこのシリーズからで、当時は不慣れなカラー作品よりモノクロの方が評価よかったですが、6年たってようやく色彩も手が追いついてきたと手ごたえを感じることができ、コツコツやってきて正解だったとしみじみ。

相変わらず、まだまだ描き足りていないので、次の「SaKuRa」はどんな風に成長するか、また、見届けてもらえると嬉しいです^^)/

at 17:51, ニシムラマホ, 作品展レポート

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
okumura, 2016/03/24 11:01 AM

すごい才能ですね。美術ってすごい。
大切になさってください。
平和でこそ保障されるのですね。その力にもなりますね。

ニシムラマホ, 2016/03/27 6:28 PM

コメントありがとうございます!
表現できることは幸せなことです^^










trackback
url:http://blog.mimizu.pupu.jp/trackback/815639