<< 瀬戸Art Walk ホウボウ ライブペイント「きみにはやく会いたくて、足がたくさん生えてきた。」 | main | 瀬戸Art Walk ホウボウ展示終了しました! >>

真野さんの畑に行ってきました*

音楽から農に転向して2年目の真野さんの”イヤシロチGREENS”畑に行ってきました!
1年ぶり、2回目。とても気持ちのいい場所〜*

無農薬、化学肥料無使用、循環型肥料で生命力あふれる野菜栽培に挑戦する量産型の農法とはひと味ふた味違う実験農場。

いろいろなセオリーや技法がある中、実証、検証をひとつひとつ積み重ねて自分や場にあう方法を探っていく。とてもワクワクする現場でした!

いろいろ話をききながら、まったり〜の一部ご紹介!


単一の作物を育てるのではなく、相性の良い作物を組み合わせたり。
時には雑草も共生!サニーレタスのあいだのスベリヒユ。通常は駆除される植物ですが、ここではそのまま伸び伸びと。
食用につくられる地域もあるそうで、こちらもいただいて夕飯の食卓にものぼりました。おいしかった!!

 
まるまるしたレタス。収穫してこちらも今晩の夕食に!ありがたや!
野菜の一部は種にをとるため収穫せず種を残します。あたりまえかもしれないけど、ほんとそうだよな〜。


畑にはあれなに?これなに?がたくさんでワクワク。キノコの菌床。掘り出さなくていいゴボウ栽培。
虫や菌、微生物による土づくり。
私も昔からサイトアドレスに「みみず」を入れるほど、生態系の中でも分解者ポジションにとてもリスペクトをもっています。
絵を描くのも、分解する感覚大事にしたくて、先輩!!!って感じでみつめておりました。


養蜂もみせてもらいました〜!
日本ミツバチの一生は3カ月。そのあいだに集める蜜はスプーン一杯分なんだそうです。

私は農は音楽と並んでは自分ではやらない選択したけど、とてもとても興味があって憧れてやまないジャンル。

植物・土・虫・気象・微生物・人の手。いろいろな関係性が絡み合って、つくる景色は自分が描きたい世界にとても近いものがあります。

この度、この”イヤシロチGREENS”の看板の制作のご依頼が!
宇宙船から地球が見えておお!!ってなる感覚〜とオーダーいただきましたw
どんな絵になるか、畑のみなさんに負けないようがんばってコツコツ描こうと思います〜(^^)

 

at 22:27, ニシムラマホ, 制作日誌

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.mimizu.pupu.jp/trackback/815610