<< 岐阜FM WATCHラジオ出演行ってきました | main | 道徳ハウス「あるたみら」壁画&パフォーマンス企画(経緯編) >>

南区道徳ハウス「あるたみら」展壁画制作に入りました

南区の道徳ハウス(劇団双身機関事務所)で3月18日からはじまる壁画とパフォーマンスの企画「あるたみら」。今週から壁画の制作がはじまりました。

レトロな元アパートの十数畳の一室が舞台。
さぁ!描くぞ!とおもいきや、しまった!一部のぞく土壁!!パネルを打たなくてはいけない部分が!
こりゃ一人じゃ無理だ!ということで急きょ周囲に泣きついて、電話攻撃メール攻撃。無事捕まった、ゆきおさんこと鈴村由紀さん(21・23日とここで踊ってもらうダンサーさんですが^人^)に手伝ってもらい無事立派なぐるりを茶色のキャンバスで囲まれた洞窟空間ができました☆

→描画の途中風景。暗い中でニョロニョロと。土の中のような、宙の中のような、不思議な空間が生まれはじめました。


今回の「あるたみら」はその名の通り、スペインのアルタミラ洞窟をイメージの根元に企画しました。
大学の卒業制作のときに漠然と「アルタミラ洞窟」をやりたいと思って企画にあげたけれど上手く具体的な形にならなくて、以降細々といつかやりたいなぁ〜とこっそり温めていたキーワードでした。
今回の会場道徳ハウスで上演された双身機関さんの寺山修二「盲人書簡」でみた暗転空間が、こりゃ洞窟の中みたいでいいわぁ。とい思っていたら道徳ハウスでなんかやらない?と話が来て、カチカチカチっとはまって、今回の企画にいたります。

★ニシムラマホ壁画展:
2014年 3月18日(火)〜23日(日) 12:00〜19:00
※パフォーマンスの日(21・23日)は18:30まで
入場無料

★鈴村由紀(コンテンポラリーダンス)×川名洋行(ディ ジュリドゥ)パフォーマンス:
2014年3月21日(金・祝)・23日(日) OPEN 19:00 / START 19:30
¥1000  ※各日15席限定
ご予約は、各出演者または、
メールフォームからニシムラまで

道徳ハウス(劇団:双身機関事務所)
愛知県名古屋市南区豊田一丁目18番地4 名鉄常滑線「道徳」駅から徒歩3分


人類最初の絵画ともいわれる洞窟壁画。
「なんで絵を描くんだろう?」というのはいまだに自分の中で謎多きところなんですが、昔々から人類は絵を描いていたとなると、なんか、もう、人類(のうちのいくらか)は、もともとどんなときも絵を描くようにできているんだ。というのを、とりあえず、今のところ、腑の落とし所にしといています。
で、そんな感じでモリモリ描いた壁画の展示。3月18日〜23日までやってます(^o^)/
「あるたみら」展に向け書き下ろした作品を中心に絵画展示もあります〜。

それでもって、アルタミラ洞窟壁画の空間が何だったかは推測するしかないですが、祈りの場であったり、集会や音楽やダンスのパフォーマンスのホールだったのではとも考えられているそうで、先人に習い(?)壁画空間を舞台に21日・23日の夜は、これまた、踊るようにできている人:鈴村由紀さん(コンテンポラリーダンス)と、音を奏でるようにできている人:川名洋行さん(民族楽器:ディジュリドゥ)のパフォーマンスステージを上演してもらいます(^o^)/
ステージ予約の方、残りわずか!21日2席・22日3席となっています。
もうちょっと席確保できるか調整中ですがそれでも数席ですので、お早めのご予約をお勧めします!


描いたり、踊ったり、奏でたり。それは、ここがどこでも、いまがいつでも、変わらない「あるたみら」洞窟に繋がっているんじゃないか。
そんな展示とパフォーマンス企画。ぜひ春のひと時「あるたみら」にお越しくださいまし〜!

at 01:41, ニシムラマホ, 制作日誌

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.mimizu.pupu.jp/trackback/815525