瀬戸Art walk ホウボウ出店でした〜*

11/11〜19 瀬戸Art walk ホウボウでした!

「たねをおく」のテーマに魅かれて2年振りの4回目の出展。

商店街のあちこちに作品が展示され、土日には飲食やライブ、パフォーマンスが楽しめるパサージュが開催。

 

 

花屋のirodoriさんでの展示。
12日(日)カニバージョン参加型ライブペイント。
19日リクエストドローイング。
の三本立てで参加させていただきました!

 

よつばのクローバー irodori×ニシムラマホ 「いつか、花になるまで」

 

 

何かとセンスがツボでART WALKのたび、いつか展示したいなーと狙っていましたが、テーマとあわせてベストな形で🌱

お店のディスプレイと絡んでもらいつつ、展示していてとても楽しかった。

 

天井のドライフラワーからイメージ膨らんで吊った絵画。「しきそくぜくうくうそくぜしき」かたちのないものの中にあるかたちになろうとする意思のたね。昨年の個展から何度か展示の機会がありましたが、ここ一番の底力みせてくれました。
見上げれば空。壁より生き生きする。この絵はこう居るべきというフィット感が嬉しかったです。

 

ビーズラリーは3年前のArt walk ホウボウの参加型ライブペイントの一部をコラージュしてつくった栞でした〜

 

 

植物 12日(日)ニシムラ・カニ・マホ 参加型ライブコラージュ「ハヤクメヲダセカキノタネ」

 

 

パサージュスエヒロでは通りすがりの人に参加してもらい、柿の種を育てるプログラム。
この日はカニバージョン。ただ被りたいだけ疑惑もありますが、違いますよ!ちゃんとコンセプトにもとづいての、猿蟹合戦のカニです≧[°`ω°´]≦ キリっ

 

へしゃげた楕円の机は柿の種をイメージ!
誰も気づかないから自分から言っていくスタイルで!


大人から子供まで、話をしながら、まったり、わいわい。

親子で。
友達と。
作家の本気。
折り紙教えてもらったり。
今日のライブの思い出を。

 

完成にはもう1日必要だったなーと反省しつつ、みなさんのクリエイションを眺めながら、楽しい時間を過ごせました≧[゚▽゚]≦
ありがとうこざいました!

 

 

かわいい 19日(日)リクエストドローイング「あなたのために咲いた花」

 

 

リクエストをもらってその場で作品を描く対面式のライブドローイング。

ここ数年なかなかやる機会がなかったですが、このチャンスに☆

 

ご参加の皆さま、ありがとうこざいました!

 

お題を出す側のクリエイションがためされるこの企画!いいお題満載でたのしかったです!

そして、何を絵に描いているのか、とか、何に向かって絵を描いているのか、とか、なんで絵を描いているのか、とか、ひとりで黙々と描いていると漫然としそうになる時もありますが、こうして対面で描かせてもらうと、あたらめて、シャキッと手ごたえを確認できる気がします。

 

写真の真ん中は、3年前にアートウォークでお会いしたKさんからの、ズバリ!商店街。
総括!な感じの作品になりました(^^)ノ

 

2週間お世話になりました!ありがとうございました!

at 01:11, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

星ヶ丘テラスみつばち幸せ街づくり出店でした〜*

11/8は星ヶ丘テラスみつばち幸せ街づくりイベント出店でした。

寒い中お越しくださった皆様、ありがとうございました!

 

ミツバチを通して環境や生き方を考えるイベント。

ガーデナー柵山さんのガーデン舞台で、養蜂家の船橋さんのトーク、Asumiさんのライブ、書のパフォーマンス、マルシェ出店がなどがありました。

 

 

私もハニカムキャンバスにゆったりライブペイントなどをしつつ、イベントを満喫(^^)

 

翻訳あってるか謎ですがタイトル 「Wind passing through the cell」

"ハニカム"のひとつひとつの"セル"に風が通り抜けることで世界が全体として広がっていくイメージです。

その風を運ぶミツバチと人とを織り込みつつ。

 


春に柵山さんのノリタケの森で開催されたピクニックガーデンで養蜂箱にペイントさせてもらったのをきっかけに、街中でのミツバチの「蜜源」づくりの話などをきき、じゃあ、せっかくアトリエ庭あるんだからとガーデニングはじめました。

 

その時のブログ→http://blog.mimizu.pupu.jp/?eid=815674

 

 

庭も花も絵には描くけど現実には、枯らしちゃうタイプじゃないかなーと腰重かったのですが、やってみると、芽がでたとか、根付いたとか、花が咲いたとか、日々ささやかな幸せが増えていいですね(^^)
そして植物のたくましさ、アグレッシブさも体感。手入れ行き届かず、気ままに雑草伸びてますが、それもまた一興。
ミツバチもちょいちょいみかけました〜🐝

 

 

今回のイベントでも新しいお花を買って植えました。ようやく絵に現実が追いつき始めた感じがします。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

at 23:33, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

ノリタケの森ピクニックガーデンみつばち巣箱ペイントでした〜*

また、レポゆっくりペースになってしまいました。

さる4/29・30。Gallery White Cubeさんでのスバコ展からのご縁で昨年も参加させていただきました「森のピクニックガーデン@ノリタケの森」今年も参加させていただきました(^ ^)

未来の街が花や緑でいっぱいであるように、と、ガーデナー柵山さんの呼びかけではじまったイベント。

ゴールデンウィークでとても賑わいましたー!
起こしくださったみなさん、ありがとうございました(^^)ノ

 

ガーデナーさんやアーティストの展示、音楽ライブ、ワークショップetc..とても心地よい空間と時間!

当日の様子〜* 写真各位ありがとうございます!

 

 

さてさて、今年は私は蜜蜂を通して環境・教育・街づくりの活動をされているハニーファームさんの蜜蜂の巣箱。養蜂箱をキャンバスにペイントさせていただきました。

これはワクワクする!

と、同時に、今回はまた、ちょっとヘビーな課題でもありました。

 

課題でいただいたTEDの動画リンクぺたり。

 

 

 

近年ミツバチの減少が著しく、植物の受粉ができず、食料危機を招いてしまう。なんとかしよう。

という、SAVE THE BEESの活動をおってのアート巣箱。

そんな、養蜂箱ペイント過程です↓

 

 

木目の美しい新しい杉材のセイヨウミツバチの養蜂箱。

 

最初は手で白く塗り潰していくところから。
下地の機能と、人の手で無機質に塗り潰していくという、現状の再現の意味として。

白は美しくもありますが、文化的に生とは逆の意味をもって伝えられる側面のある色として選びました。
と、ネガテイブなだけでなく、沖縄の養蜂箱は熱を吸収しないように白く塗るそうで実用的にはバッチリでございました(^^)v

巣箱とフタの裏側は少し残しつつ。内側も。

 

下地からペイントスタート。内側からペンキを垂らす。

何かが変わるとき、外側から変える方法もあるけど、ここは、内側が変わることが外側に現れる。という流れ。

蜜蜂と養蜂家の人しか見えない場所だけど、そこから。もりもり。流れて。溢れて。内側から外側へ。外側から内側へ。行き来しつつ、ニョロニョロと。

 


植物が生え花が咲き、鳥や虫が飛んだり、魚が泳いだり、動物や人が歩いたり。

形を変えながら繋がる切り分けられない命の流れをパレードをするように。

完成はこんな感じでございました。

 

 

一緒に展示した青色の作品は「今日も1日よい1日を」というタイトル。
よいニュースばかりではないけど、それでも朝を迎える喜びを。明日も変わらず続くことを願って。そんな絵もご一緒に。

 

 

完成した巣箱は、SAVE THE BEESのイベントで展示いただいたあと、実際の養蜂に使っていただく予定です。

船橋さん曰く、蜜蜂のデザイナーズハウス!なるほど!実際蜜蜂は自分の巣を視覚で見分けて帰ってくるので、絵を覚えて帰ってきてくれるはずーと。それはたまらんな!
蜜蜂の皆様に気に入っていただけるかドキドキしつつ(^^)

 

写真は5/6ナディアパークのイベントの様子。6/4星ヶ丘テラスでも開催です☆

 

 

後日談。

 


春日井市都市緑化植物園にあるswan's  cafe mintblueさん。お花とはちみつのガーデンプレートいただきました(^人^)
ハニーファームさんのハチミツといつもお世話になっているイヤシロチGREENSのエディブルフラワーを使ったスイーツ!

大府・東浦で無農薬露地栽培のベビーリーフ、エディブルフラワーの生産をしているイヤシロチGREENSさん。

遊びに行きましたら、ミツバチもブンブン元気にしておりました(^^)

 

 

私もせっかく新しいアトリエに庭がついているのだからと、ガーデニングをはじめてみました。

植物育てられないタイプと今まで弱気なゾーンでしたが、これを機にぼちぼちトライしてみます☆
とりあえず、種から芽が出てホッ(*´∇`*)

at 02:56, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

つなぐ・つながる〜アートで楽しむ笠寺〜でしたレポ!

 

2/4・5・11・12の4日間、笠寺観音商店街の旧荒川金物店さんで開催された、無事終了いたしました!

ご来場いただいま皆さま、笠寺の皆さま、アーティストの皆さま、ありがとうございました(^ ^)ノ

 

2010年のシャッターペイントから7年。そこからつないできた縁の集結のようなかたちでもあり、個人的にとても感慨深くもありました。

 

内容は作品展に、笠寺シャッターペイントメンバーでの公開制作、ダンスパフォーマンス、音楽ライブと盛りだくさん!

私は4・5と笠寺シャッターペイントメンバーとしての公開制作。作品展示。11・12はスタッフ参加しつつの観客満喫でございました(^ ^)〜♪

 

第2週は各作品の解説ございました。よかったらこちらもチェック☆

【作品解説PDF】

http://mimizu.pupu.jp/images/kasadera_kaisetu.pdf

 

【1階】

いつもこちらで活動されているmonzen亭さんや大家さんとご一緒に。

笠寺シャッターペイントメンバー公開制作・展示。飛び入り参加の似顔絵。物販・ポートフォリオスペース。

わいわい交流スペース☆

 

 

 

【2階】

絵画、写真、立体から音まで。作家の作品展示、インスタレーション(空間全体を体験する芸術)。

 

 

11・12日はダンスパフォーマンス。

 

 

12日のラストは”せをはやみ”スペシャルライブでフィナーレでした♪(ライブの写真は準備のときのものです)

 

 

笠寺の土地を踏まえ、場を活かしながら、それぞれの在るべき在り方で。
外と内とが入組んだ構造の空間に作品やパフォーマンスが入り、人が往来する様子は、細胞の間をエネルギーが循環し、呼吸をしているように感じました。

 

私の創作活動のテーマは「イメージの連鎖反応を描き留めて(つないで)生まれる有機的な世界」です。

「有機的」というのは部分が集まって、互いに影響を及ぼし、全体が構成されているということ。

もう少し踏み込んで展開すると、部分の内側と外側の呼吸を通して部分同士がつながり、部分としても全体としても「生きている状態」である、とイメージしています。

 

これは、アートの話だけではなく。

何気なく過ごす日々に、あたりまえにおこっている、自然や人や街や社会、世界そのものの話であると思います。

at 21:42, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

なんか濃かったART OSAKAでした!

 

7/1〜3 ART OSAKA。

起こしくださったみなさま、ありがとうございました〜!!

GALLERY APAさんより出品させていただきました。いつも機会をありがとうございます!

APAさん、作家さんと濃い旅になりましたー!

ありがとうございました(^人^)
 

 

左の焼いた和紙を使った作品、先輩作家の松尾栄太郎さん。

かっこよくて、センス良くて、ご本人も粋な人柄で。

搬入に立ち寄った京都のアトリエも素敵な時間でした^^)/□飲酒

 

大杉好弘さん、抑えた色彩の油彩は賑やかな画面とモチーフなのに静かでスッとして心地よかったです。

油彩のモチーフも自作だったりなところも興味深かったです。

11月の個展は大杉さんMain room、私がFine roomでご一緒です。

 

 

左:ノルタルジックな子供の情景を描かれる加藤雅也さん。

メイン作品やりすぎピラミッドはちょっと毒もきいていて新しい感覚。

わぁ!かわいい!とお姉さまキラー☆海外の方にとっては日本独特の文化と新鮮でもあったそうです。

 

中:今回は作品のみの出品でお会いできませんでしたが、酒向絵美さんのガラス作品。

 

写真のけものようなユーモラスなかわいさのある作品や、有機的で心地よいフォルムの作品。

 

右: Plus Room、今は亡き世界的に有名な白髪一雄さんのAPAオリジナルエディション版画。

空気の重厚さが!

 

  

 

私はユニットバスの水回りでの展示でした。

これはおもしろそう!とワクワクであり、色々できる分迷走したりもしつつ、最終的には初心にかえって水をテーマにした絵画作品を中心にマイペースに。

作品と人との出会いも1点1点物語があって、とてもおもしろかったり嬉しかったりです。濃かった!!!

 

 

今回の展示にあたって山県里帰りプロジェクト( http://gifu-yamagata.wix.com/satogaeri )にサポートいただき、岐阜県山県市でフィールドワークや滞在制作をさせていただきました。

長良川の源流であり、雨乞い太鼓の文化が残る土地。とくに「8」とそのまわりに集うミニキャンバスの「水の眷属」はこの土地の民話や雨ごい文化、滝や川などの土地からヒントを得て制作しました。

 

里帰りプロジェクトの一環として、 現在、山県市神崎の北山交流センター内「農家レストランおんせぇよ〜」の水回りに「8」と「水の眷属」3点がニョロニョロしています。特にお問い合わせなどがなければ秋頃まで展示の予定です。

at 15:56, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

クリエーターズマーケットありがとうございました!

クリエーターズマーケットGALLERY APAさんより出品。無事終了しました!

お越しいただいたみなさん、APAさん、作家のみなさん、お手伝いAさん。ありがとうございました!
 
1日目:

陶芸の頬榿帆さん、写真のgilさんとご一緒。
作品のお話などいろいろ伺ったり、合間ニョロニョロドローーイングコラボさせてもらったり^^

 

2日目:

大判の線画作品も追加して展示替え。大きい作品描かないとなぁ〜。

 

たくさんの方に見ていただけ、作品もいろいろ旅立っていき、ありがたいかぎりでした!

作品を描いて、みてもらって、反応をもらって、クリマにではじめた活動当初からかわらない喜びだなぁと^^

 

次は、7/1〜3のART OSAKAです!よろしくお願いいたします〜!
プレビュー:2016年7月1日(金) 14:00〜20:00 ※招待者・プレスのみ
一般公開:2日(土) 11:00〜20:00 3日(日) 11:00〜19:00
※入場はフェア終了の1時間前迄。

¥1,500/1 Day Pass
※小学生以下は無料。但し必ず保護者同伴下さい。
※チケットは当日、ホテル26階のフェア受付にてお買い求め下さい。
 

ART OSAKAサイト
 

ホテルグランヴィア大阪 26階 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1

at 03:26, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

もりの風保育園 「いま、ここ、いつか。」の素敵な一日☆

20日(日)は守山区のもりの風保育園 での1day art festival「いま、ここ、いつか。」でした!
ご来場の皆さん、保育園のみなさん、アルテコローレスタッフのみなさん、作家の皆さん、ありがとうございました!

秋晴れの中、園に通うみなさん、ご近所の方、アート好きの方、アーティストさん、、、子供から大人まで、大盛況でとても素敵な一日。

作品を楽しむ、ワークショップを楽しむ、音楽を楽しむ、森や園の空間を楽しむ、いろいろな楽しみが用意されていて、来場された方からも大好評でした^^




特になかなかお子さん連れでアートイベントに参加しづらい人にも、保育園と言う場は気兼ねなく安心して足を運べる最高のロケーションだったと思います。
スタッフさんも明るく元気に対応されており、来場した母の第一声の褒め言葉はスタッフさんに向けてでした^^
また、企画段階からお世話になった運営スタッフのみなさんも、本当にありがとうございましたm(_ _)m

各展示やパフォーマンスの様子、フェイスブックのアルバムに素敵にまとめられています。
下記にぺたっとシェアさせていただきますので、ぜひ、ご覧ください〜!!
読み込みに時間かかる時もあります〜しばし、おまちを。。。または、せっかちさんはこちらから!
https://www.facebook.com/imakoko1day

YKOダンスカンパニーのパフォーマンスは、また別途詳細レポートします〜!

インスタレーション ひとひらのときのいろ すがたのかたちNPO法人アルテコローレの風船を使ったインスタレーション。青空に風船が舞う姿は本当に美しかった。丸い園舎の中庭を活用することによって、時々吹き降ろすもりの風が、風船をクルクルと舞い上...

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

作品 成長の軌跡WS 糸のアート空間を一緒に作ろう宮嵜さんの作品をもりの風保育園にお迎えするのは、二回目です。繊細かつ大胆な繊維の造形が森の木々とコラボして、とても荘厳な雰囲気を醸し出してくれました。皆さんが参加してくくださったWSでは作品と同じ糸を使い、もりの風で生まれた小さな作品となりました。こちらの作品も森と美しいハーモニーを奏でていました。photo by Yuko Kameyama

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

作品 ダンボール作品WS コロコロ迷路/時計人気作家のむらたさんは、様々な場所でWSを行っていらっしゃる、有名作家さん。会場は案の定、いつも満員状態でした。作って遊べるおもちゃ、こどもにとってこんな魅力的な物はありません。そして大人も...

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

WS 教えてこども先生。海外にもファンを持つ芸術家、おぎ坊さん。絵本「コドモの花」も出版されています。メッセージ性の強い書と愛嬌のあるイラストのコントラストに、みな引き付けられます。親子で、子供が、スタッフも、とにかくみんな、参加した後、素敵な笑顔になる魔法のようなWSでした。photo by Yuko Kameyama

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

こびとさん 今回、小泉さんご本人はこのイベントに参加叶わなかったのですが、可愛い小人さんが園のいたるところに、、。子供や大人、少し目線を変えるとそこに小人が当たり前のように過ごしている風景。皆さんは何人見つけられましたか?スタッフTシャツも小泉さんのデザインでした。すごい数の小人がいたことになりますね。photo by Yuko Kmeyama

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

作品 小さな景色を覗いてみよう優しい色の魔法使いのようなタキナオさん。描かれる絵の美しさとはまた一味違った、可愛い作品。色を通して小さな景色を楽しむ作品です。実は、ここは普段は子供たちが絵本ドームとして使っている小さな可愛いスペースなのです。一日だけの異空間への変身。今後のこのスペースの使い方のヒントをいただきました。photo by Yuko Kameyama

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

ニシムラマホさんは、以前保育園でWSを行っていただいたことのあるアーティストさん。子供と一緒に音楽に合わせて体全部を使って線を描いていく姿に、子供たちが釘付けになりその後みんながアーティストのなっていく様は圧巻でした。マホさんの描く線画や、色彩豊かなアクリル画は、多くの人が引き付けられます。photo by Yuko Kameyama

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

WS フェイスペインティング今回イベントのフライヤーの絵を描いてくださった足立明里さん。もりの風のドーナツ型の園舎に可愛い動物たちが描かれたゆめのある作品です。足立さんは、フィロスの園に直接壁画をお願いしたり、とてもゆかりのある作家さん...

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

平山桃子 渡邉智哉 西村友里 前田藍普段はそれぞれ活躍されている音楽家のみなさんです。アルテコローレのワークショップで、もりの風にやって来てくれた時、園児たちから絶大な人気を誇った音楽隊。今回も静かな森に、楽器の音が響き渡ると、本当に素敵な空間になり、みなさんにも楽しんでいただけました。午後は、いろいろな場所でパフォーマンスをしてくださいました。photo by Yuko Kameyama

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

鈴村由紀 タキナオ ニシムラマホダンス&映像パフォーマンス うみのスケッチWS ひかりのうみで遊びましょうWS ダンスパフォーマンスドローイングに参加してみよう!コンテンポラリーダンサーの鈴村由紀さん率いるYKOダンスカンパニー...

Posted by いま、ここ、いつか。1day art festival on 2015年9月21日

at 02:15, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

ART NAGOYAありがとうございました!

7月の制作強化月間を経て、ART NAGOYA無事終了しました!
ご観覧・ご購入いただいたみなさま、APAさん、作家の皆さんありがとうございました!

いつも展示のオープンはビクビクですが、今回はF50線画の梱包を外した瞬間、1歳になるギャラリーオーナーの息子さんが手を叩いて「じょうず〜」と誉めてくれたので、相当ホッとしてスタートをきれました^^
ひとりのひとに届いた!と感じられる瞬間が作品が報われる何よりの瞬間です。

今回は線画メインにアクリル画・油彩と色々発表させていただきました。
それぞれ、反応いただけて嬉しいです。また、コツコツ作品描いていきます^^

なかなかじっくり他のお部屋巡れなかったですが、それぞれギャラリーさんごとに、おお!っとなったり、シュッとしたり、ウキウキしたり、凛としたり、空気感があって面白かったです。

↓APAさんルームはにぎやかワクワクでした!



今回出品させてもらったGALLERY APAさん。常時40名近くの作家さんの作品がズラッと並ぶマルシェスペースには私の作品、オリジナルスカーフ置いていただいています。月替わりで作家さんの個展も開催されています。

GALLERY APA & Marché de APA
〒467-0003 名古屋市瑞穂区汐路町1-14 2階 TEL:052-842-2500

Facebook: https://www.facebook.com/galleryapa0421
ブログ: http://galleryapa.blog68.fc2.com/

敷居の高いイメージのアートギャラリーを身近なものに。
「アートのスーパーマーケット」←これをガンと言い切るバイタリティーはすごい!といつも感服。
ちょっと手の届かない憧れであったり、襟を正してみるアートもありですが、そればかりでもなくても◎
作品は1点1点いろいろな思いを込めてがんばって楽しく制作しています。それが流通を通して誰かに届くことはとても浪漫であり、その全体像自体がとてもアーティスティックな現象にも見えてくる今日この頃です。

at 23:30, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

瀬戸Art Walk ホウボウ展示終了しました!

瀬戸Art Walk ホウボウ2015無事終了しました!
足を運んでくださった皆様、ソマーさん、商店街、実行委員会の皆様、ありがとうございました!

商店街を舞台にしたアートイベント瀬戸Art Walk ホウボウ。今年で私は3回目の参加になります。
毎年、いろいろな場や人と出会えて作家としてもとても刺激的なイベント。
今年は、参加型ライブペイント(ブログ記事リンク)と、靴屋さんでの展示でした。


「きみに早く会いたくて、足がたくさん生えてきた」
靴屋さんということで、今回はこの作品を新しく。

その他の作品もあわせて、お店のウィンドウを中心に、店主さんとわいわいディスプレイしました。
ディスプレイ目にとまって、靴買ったよ〜という方もいて何よりでした^^
店内にはおもしろいデザインの靴がずらり!
もっと時間かけられたら、一足一足にあわせて描いたりセレクトしたりもしたかったな〜。
足がたくさん生えたら、たくさん靴が履けてわくわくなことでしょう〜!






他の作家さんの展示や企画もビーズラリーしながらホウボウして満喫!今年もありがとうございました!

 

at 00:37, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(0), trackbacks(0), - -

メッセナゴヤ・ホワイトキューブグループブース参加でした!

11月5〜8日はポートメッセ名古屋で開催された異業種交流展示会メッセナゴヤのホワイトキューブグループブースで作家紹介していただいておりました。

ご来場のみなさん。ホワイトキューブグループのみなさん。ありがとうございました!

ホワイトキューブグループとは、今回のメッセナゴヤに

ギャラリーホワイトキューブ(ギャラリー)
有限会社アクティス(スペースデザイン・店舗設計・施工)
オフィスエスポート(イベントディスプレイの提案から施工)
の3社が共同で新しいビジネスチャンスに挑戦しよう。と発足したグループです。

今回のブースコンセプトは
アート イン ライフ 「ART in LIFE 」
「時を内包するモノ達」Antique と 「今を生みだしていく作家達」Contemporary による
「これからの LIFE創造空間」Future を提案致します。

ということで、私はホワイトキューブギャラリーから紹介作家として作品展示と公開壁画制作をさせていただきました。



商家で使われていたアンティークを利用した空間に現代の作家の作品が並びます。


御簾や建具越しに中の作品や商談スペースの様子が覗くのがとても好評でした。
外からは中が気になるチラリズム。中は閉そく感なくそれでいて開けっぴろげすぎない落ち着くスペース。


展示スペースは障子のパーテーションで仕切られ、限られた面積の中でも様々な空間の見え方、表情が現われるのがおもしろい!
遊覧していて、背後の人の目線を気にしたりせずにすみ、それぞれの人がそれぞれの場所をじっくり見やすい感じもしました。

 
私の作品も、写真家 成原 満さん、家具作家 多治見 正勝さん、立体造形作家、大池千恵子さんのカッコイイ作品と共に!!


そして、そんな素敵空間に期間中公開壁画制作を行いました。
カフェ、病院、美容院、ネイルサロン。マンションリフォーム、シャッター、看板 etc...
内装・外装。こんな風に、ささっとどこでも描けますよ〜とデモンストレーションです。

 
 
 
スタイルは同じですが 各面で少しづつ色味やタッチ、ボリュームを変えながら。それだけで印象はけっこう変わります。

おかげさまで、壁画制作デモンストレーションもとても好評のうち、会期を終了することができました^^

星 よくあった質問

q 何で描いているの?
A 今回は、アクリル絵具と長期保存しない前提だったのでクレヨンも使っています。
  現場により、アクリル絵具の他、水性・油性ペンキなども使います。

q どれぐらいで描けるの?
A 今回のブースの描画は3時間×5日程度のボリュームです。
  描画の密度にもよりますが、2m四方で3〜4時間くらいかな?

q こういうの描いて〜っていうのも対応できる?
A 画風やスタイルを変えることはできませんが、場所や空間にあわせてモチーフやテーマを織り込んだり、色調を選んだりすることは可能です。

q 頼むと金額かかりそう。
A 壁画制作は絵画作品とはかかる時間と密度が違うので、号数計算でなく、工数(日給)で計算しています。
  予想よりだいぶん安いと思いますのでよかったらぜひご検討ください。

今回こういったご縁があり、施工のプロ、有限会社アクティスさん、オフィスエスポートさんのサポートも受けられるようになりました。
より本格的なスペースデザインや、色々な材質・状況の現場。描画後のリカバリー、描き替えなどにも安心対応できます。
どぞ、よろしくお願いいたします。

〜〜〜と、営業トークでした〜^^


いやはや、刺激的で楽しかったです。
前職退職以降、久しぶりにこんなにたくさんのスーツ姿のビジネスマン見ました。
私との異業種感はんぱないとw しかし、数年前、私にもそんな時代もあったのですよw

アートと一見離れた場にもみえるけど、ブースに来た人がここだけ雰囲気違ってまったり楽しめたわ〜とホッとしていかれるのをみると、こういう空間、やっぱり世の中に必要だよね。としみじみ思いました。

作家としての表現の追及もありますが、一方、さりげにデザイン専攻出身の身。
自分の世界観やアウトプットが、場や人や事を生かせるお仕事の機会があれば幸いです☆


そして、今回お世話になったギャラリーホワイトキューブさんでの個展。いよいよ11/20〜30開催です。
こちらも、よろしくお願いします☆

http://mimizu.pupu.jp/schedule/schedule.html

at 01:00, ニシムラマホ, イベント参加レポート

comments(3), trackbacks(0), - -